長年のキャリアを活かせる医師の職場を選ぼう

医師の転職時に重視したいこと

転職活動に励む医師は全国に大勢いますが、自分に合った働き方ができる職場を選ぶにあたり、色々な医療機関の診療科目の取り組みや、医療スタッフの待遇などにこだわることが重要です。特に、中途採用の医師が活躍している病院やクリニックの求人を優先的にチェックすることで、収入や研修制度などに不満の無いところを選ぶことができます。また、外科や産婦人科などの人手不足が深刻な診療科目で働く場合には、各医療機関の職場内の医師の人数や勤務体系などにも注目をすることが大事です。その他、求人票に目を通すだけでは、実際の業務について把握しにくいこともあり、時には就職相談会などの機会に医療機関の担当者から具体的な仕事の話を聞くこともおすすめです。

キャリアアップを目指せる医師の求人の選び方

数ある医師の求人の中でも、賃金が高いのはもちろんのこと、経験年数や能力に合った研修が受けられる職場は、キャリアップを目指す医師にとって大きな魅力があります。特に、大学病院をはじめとする高度な医療環境が整っている職場で働きたい場合には、特定の診療科目の実務経験や研修医などの指導経験が必要となります。そこで、早いうちから医療従事者を対象とした転職サイトに登録をして、余裕を持って転職活動の準備を始めることがおすすめです。また、同じ職場で常勤の医師として長く働くことで、院長や部長などの地位に就けることもあり、将来的に医療業界で高待遇で働くために、休職中から各医療機関の人事評価の制度について把握することが大事です。

医師のバイト内容を大きく分けると、日中の外来、当直になります。1日の給料が高額なのでアルバイト医師の方が勤務医より年収が多いケースもあります。