転職後も生き生きと働ける医師の求人を選ぶポイント

医師の転職時の求人選びで重視したいこと

医師が転職を考える理由は様々ですが、収入や仕事内容などに不満がある場合には、待遇の良さに定評のある医療機関の求人に申し込むことが重要です。特に、専門性が求められる職場で働きたい時には、採用試験の際に経験年数や所有資格などが厳しく確認されることもあるため、各医療機関で期待される人材についてあらかじめ調べておくことが大事です。また、転職後の収入アップを目指すうえで、実務経験を給料に反映してくれる病院やクリニックの求人を探すことがポイントです。なお、医療機関によっては面接の際に給料についての話し合いができるところもあり、新しい職場で納得して働き始めるため、しっかりと担当者に能力の高さをアピールしましょう。

職場環境の良い医師の転職先の選び方

医師は、医療従事者の中でもハードな業務を担当する機会が多いため、着実にキャリアを積むために、職場環境が良いところで働き続けることが大事です。特に、医療スタッフの配置に余裕のある大学病院や総合病院などは、役割分担がハッキリとしている職場が多く、無理なく業務に取り組むことができるため、経験豊富な医師に人気の職場となっています。また、希望に応じて数年ごとに診療科目を変えることのできる医療機関は、幅広い分野の経験を積みたい人におすすめです。最近では、スムーズに好条件の求人を探すために、医療関係の求人サイトや人材紹介会社を頼りにして転職活動に励む医師も増えています。そこで、自分に合った職場を選ぶうえで、在職中から興味のある医療機関での働き方について理解を深めておくと良いでしょう。

医師の募集は診療科によって偏りがあることが問題となっています。不足数が多い産婦人科や小児科は求人数が多いです。